手の震え、動作が鈍いなどパーキンソン病の症状を自宅で治療する方法 :: 体験談(新潟県 市川様)

手の震え、動きが鈍くなる、幻覚などパーキンソン病の症状のせいで普段の生活にさえ苦痛を感じてしまうあなたでも自宅で無理なく治療していく方法を詳しく解説していきます。

体験談(新潟県 市川様)

幻聴、幻覚の症状が徐々に和らいで

私の父は7年前にパーキンソン病と診断されて、それからと言うもの私は父に薬ばかり与える方法を選んでいました。

それ以外どうすれば良い変わらず、薬に頼り切る他はなかったのです。

父の症状で特に大変だったのは、幻覚と幻聴の症状です。夕方になるといつも騒ぎだし、「誰かに狙われている」と言い始めるのです。

私はどうしたら良いのか分からない状態になっていましたが、そればっかりでは進行は悪化するばかりでこのマニュルを発見し購入。

そして、沢山の事に気づかされました。

こういった時の対処法や付き合い方などが詳しく載っていて本当に救われました。

今では、おかげさまで症状も落ち着きつつありますが、まだ油断できない状態です。

これからも二人三脚で頑張っていこうと思います。

手の震え、動作が鈍いなどパーキンソン病の症状を自宅で治療する方法はコチラ

メインメニュー

パーキンソン病の基礎知識

当サイトについて

リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

ココをクリックするとページの先頭へ戻ります