手の震え、動作が鈍いなどパーキンソン病の症状を自宅で治療する方法 :: パーキンソン病の基礎知識(治療について)

手の震え、動きが鈍くなる、幻覚などパーキンソン病の症状のせいで普段の生活にさえ苦痛を感じてしまうあなたでも自宅で無理なく治療していく方法を詳しく解説していきます。

パーキンソン病の基礎知識(治療について)

フリー百科事典ウィキペディア『パーキンソン病』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/パーキンソン病

現在のところ、一般的なパーキンソン病に対する治療は、運動症状や精神症状、自律神経症状にたいする対症療法がほとんどである。

しかしながら、神経変性の機序が明らかになるにつれ、変性すなわち症状の進行を遅らせるための治療法(神経保護薬による治療法)が試みられるようになってきた。

また変性した神経を再生させる遺伝子治療や幹細胞移植などの根本治療も現実的なものとして視野に入っている[28]。

ここではまず現在の日本で現実的な(保険適応がある)治療について概説し、さらに新しい治療についても現在の到達点と将来的な見通しを記す。

日本において本疾患は1978(昭和53)年10月1日に特定疾患治療研究事業対象疾患に指定され、公費受給が可能となっている(ただし前述のように、Hoehn-Yahr分類の3度以上が認定の目安となるため、病初期の治療は健康保険の範囲内で自己負担せざるをえない)。

薬物療法

特に記さない限り、日本神経学会パーキンソン病治療ガイドライン2002に基づいて解説する。

外科療法

脳神経外科学領域において視床下核部定位脳手術が著効する例もあるが、侵襲をともなう治療法であるために慎重な適応が必要である。

手の震え、動作が鈍いなどパーキンソン病の症状を自宅で治療する方法はコチラ

メインメニュー

パーキンソン病の基礎知識

当サイトについて

リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

ココをクリックするとページの先頭へ戻ります