手の震え、動作が鈍いなどパーキンソン病の症状を自宅で治療する方法 :: パーキンソン病の基礎知識(診断)

手の震え、動きが鈍くなる、幻覚などパーキンソン病の症状のせいで普段の生活にさえ苦痛を感じてしまうあなたでも自宅で無理なく治療していく方法を詳しく解説していきます。

パーキンソン病の基礎知識(診断)

フリー百科事典ウィキペディア『パーキンソン病』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/パーキンソン病

確定診断は病理所見を待たなければならないが、上記の症状を呈する緩徐な進行性の疾患であること(他の神経変性疾患では病勢が亜急性に進むものもある)、CTやMRIの画像所見で特異的な異常が認められないこと(特徴的な所見を示す神経変性疾患や脳血管障害性パーキンソニズムを除外する)、L-ドーパ投与で症状が改善することがあれば、臨床的にはパーキンソン病と診断できるとされている[27]。

簡便な病期診断として、5段階の病期分類がある(Hoehn-Yahr分類)

1度 一側性パーキンソニズム
2度 両側性パーキンソニズム
3度 軽度~中等度のパーキンソニズム。姿勢反射障害あり。日常生活に介助不要
4度 高度障害を示すが、歩行は介助なしにどうにか可能
5度 介助なしにはベッド又は車椅子生活
運動症状・非運動症状を含めた各症状を総合的に評価する方法としては、パーキンソン病統一スケール (Unified Parkinson's disease rating scale, UPDRS)がある。

鑑別診断

パーキンソニズムを呈するすべての疾患。その中にはパーキンソニズムを合併する他の神経変性疾患(多系統萎縮症、進行性核上性麻痺、シャイ・ドレーガー症候群、大脳皮質基底核変性症など)、症候性パーキンソニズム(脳血管障害性パーキンソニズム、薬剤性パーキンソニズム、中毒性パーキンソニズム、感染後パーキンソニズムなど)などが挙げられる[27]。特に薬剤性パーキンソニズムは原因薬物の投与中止によって完治することのできる疾患なので、鑑別が重要である。

手の震え、動作が鈍いなどパーキンソン病の症状を自宅で治療する方法はコチラ

メインメニュー

パーキンソン病の基礎知識

当サイトについて

リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

ココをクリックするとページの先頭へ戻ります