手の震え、動作が鈍いなどパーキンソン病の症状を自宅で治療する方法 :: トップページ

手の震え、動きが鈍くなる、幻覚などパーキンソン病の症状のせいで普段の生活にさえ苦痛を感じてしまうあなたでも自宅で無理なく治療していく方法を詳しく解説していきます。

自宅で無理なくパーキンソン病を治療していく方法です

パーキンソン病と闘うあなたを応援します

突然ですが、以下のような悩みを抱えていませんか?

  • 病院に通わなくても自宅で無理なく治療できる方法ってないかなぁ
  • 母親のパーキンソン病が年々進行しているが何とか食い止める方法は無いのでしょうか?
  • 叔母がパーキンソン病と診断されてしまい、自分に何かできることを探している
  • 最近片方の手だけが勝手に震えてしまう初期症状がみられるようになった
  • この片方だけの手の震えはもう止まることはないのだろうか・・・
  • 医師に薬物療法を勧められたが、副作用も気になるし薬に依存はしたくない
  • この病気って進行を食い止めることができない不治の病なんだよね?
  • 介護できる範囲は決まってるし、それ以上の事ができても現状維持が限界かな

パーキンソン病は65歳以上だと500人に1人の割合で発症し、脳中でドーパミンという物質が減少する病気です。

初期症状としては、片方の手足だけが安静時に震えたり、体が硬直したりし、進行してくると筋肉が硬くなり関節が動きにくくなり、更には動作が遅くなったり、バランス良く歩けなくなったりもします。

治療するには薬物療法や外科手術が用いられていますが、すぐに良くなるということはなく、進行を緩和したりで、根気よく続ける必要があります。

国の難病指定にもなっている恐ろしい病気ですが、自宅で無理なく治療していくことができるのもをご存知ですか?

『お世話になったが方がパーキンソン病になってしまった・・・。何か自分にできることはないだろうか?』

という質問をよくいただくのですが、ずばりあなたにもできることはあります。

実際に世の中には、病状を進行させてしまう人と、進行を食い止めることができている人、徐々に改善していく人が存在します。

諦めなければ、進行を食い止めることもできますし、場合によっては治療できてしまう事もあるのです。

いずれにしよ、パーキンソン病は早い段階で取り組む必要があり、悩んでいる時間ほど勿体ないものはありません。

パーキンソン病の症状を自宅で無理なく治療する方法の詳細はコチラ

具体的な治療法とは?

実際に多くの方が効果を実感されたパーキンソン病治療方法です

当サイトでご紹介しているパーキンソン病の治療法を行えば、薬に頼り切ることもなく、効果的にケアしていく事もできるでしょう。

前かがみの症状もだんだんと和らいでいき、ご飯もたくさん食べていく事ができるかも知れません。
今まで我慢していた運動や趣味も出来るほどに回復するかも知れません。

「それが本当なら凄い事だけど、何だか信じられないな・・・」

今まで何年もパーキンソン病が治療できなかったから、それは尚更感じる事でしょう。

ですが、ご安心下さい。

今まで、数多くのパーキンソン病の方を研究して、実際に効果のあった方法だけ厳選して今回お伝えします。

この方法は何も難しい事はありません。小学生の方でも難は無く、一日たったの5分もあれば実践可能です。

特にこれといった道具を使う事も無く、薬に完全に頼り切らずに、健康的に治療していけます。

これは、今まで私がアドバイスして沢山の方が実証してくれた事です。ですので、きっとあなたにも効果的な方法となる事でしょう。

具体的にやって頂く事は、次の3つのステップになります。

  • まずは“パーキンソン病がどういう病気なのか”を知り、患者さんの体質タイプを診断します
  • 次にストレッチや運動療法を行いながら、脳のドーパミンを増やしていき根本から治療を図ります
  • 同時に体質を改善させる食事療法も行っていき、便秘症やその他併発される合併症を防ぎ、病気に負けない強い身体を作っていきます

たったのこれだけです。

この大まかな3つの流れを実践して頂くだけで、気がついたら食後の吐き気も無くなりのどの異物感もスッキリとしてくるはずです。

それは、次の日の朝起きた時に、「何だかいつもとは違う!」と急に実感するかもしれません。

パーキンソン病の症状を自宅で無理なく治療する方法の詳細はコチラ

メインメニュー

パーキンソン病の基礎知識

当サイトについて

リンク集

逆アクセスランキング

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

ココをクリックするとページの先頭へ戻ります